子どもの絵の残し方 ~子どもの作品を素敵に残そう~


飾ってあげることができないような作品は、写真でもたくさん残してあげてくださいね。
子どもの目の前で写真を撮ってあげると、ママ、喜んでくれてるんだな~!作ってよかったな~!また作りたいな!という思いが生まれます。
同じお絵描きでも、視点をかえるだけで、いろんなものがアートになりますし、思わず飾りたくなるものもいっぱい!
飾るだけじゃなく、遊べるものにも応用して、親子の愛情をいっぱい心に残しましょう。

飾る


きれいなイチョウの葉をたくさん拾ってきたので、チョウチョを作りました。クレヨンで模様を描いたのは、娘のアイディア。糸でつるし、拾ってきた木切れの両はしにつるし、モビールにしたら大喜び!写真におさめ、枯れてしまうまで、飾って楽しみました。

ポストカード


小さなころから描いたお気に入りの絵は全て写真におさめています。そしてそれをポストカードに♪

写真のデータ化もhappiness bird designにご相談くださいね♪

スタンプ


4才でバッグに描いた愛犬とサインをスタンプに。
動物への愛情も絵や作品にとても影響を与えるものですね

happinessbird designではオーダースタンプも大人気です。


blog


*ママの時計に憧れてるのでしょうか→ブログ
*お手手がこんなことに!その謎とは→ブログ
子どもの成長に欠かせないいろんな落書き。じっくり考えて理解してあげたら、楽しいかも!

保育園で自由遊びの時間に作ったらしいガイコツ。先生が崩さずみせてくれました。
何にヒントを得てこのような作品を作ったのか不思議で仕方無かったのですが、歯がリアルに再現されていてびっくりです。
本当はこれ、粘土ごといただきたかったのですが、先生にその気持ちを伝えることもできず、写真だけ。次の日には崩れて、みんなの粘土ボックスへ。→ブログ

→アメブロsakuraのフォルダはこちら

とにかく何でも撮る


純粋な子どもはママへの愛情や将来への夢や希望や、うれしいこと悲しいことなんでも心のこもったアートで表現してくれます。そんな気持ちもすべて写真に残しておきましょう。後でみたらその時代の気持ちが蘇ってきます♪インスタグラムにもチャレンジしてみてくださいね♪

刺繍


私のブログで「くもさんのなみだ」記事をみて、母がクッションに刺繍してプレゼントしてくれました。感動です!→ブログ

私の母が、娘の絵をみて、エプロンに刺繍をしてくれました。そういえば、私もよくしてもらったなあ・・・と思いだしました。心のこもったプレゼントです。
ブログ

 


この時期にしかない絵だから捨てれない! でも、お絵描きは増える一方!そんなときは・・・


100均(セリア)で、A3サイズの入るクリアファイル(20Pocket)が売っていました。これなら、大きな絵もきれいにファイリングできますね。
コメントや描いた日付も添えて、 お子さんの成長をぜひ、ファイリングしてあげてください。毎日どんどん絵を描いて全部残してたらきりがない!そう思われるママもいらっしゃると思います。けれど、4才~6才がお絵かきのピーク!小学生になると、自分の気持ちをどんどんお絵かき以外のことで発散できるようになるので、あまり絵を描かなくなってしまいます。ぜひできるだけたくさん残してあげてくださいね♪写真に撮ってインスタで子ども専用ページを作るのもいいかも♪

Instagramはとっても便利なアルバム♪


わたしはhappiness kids artのインスタグラムの他に娘のアカウント@happinessakuraも作って娘の小さい頃からのお絵かき工作写真をUPしています♪最近は、お絵かきをきっかけに自分を表現することに自信を持ち、あんなに人前で話せなかった娘がどんどん表現者になっています!(お絵描きではなく、ミュージカルの道へまっしぐらですが笑 きっかけはお絵描きに間違いありません♪)そんな舞台出演写真などもUPしていますので過去のお写真もみてくださいね♪